スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

武田泰淳の「女」

「女賊の哲学」、「女帝遺書」、「烈女」などの記録

卓越した知恵を持つが故に、聡明過ぎるが故に、満たされることのない、虚しさを抱えた、女性たちの、物語。先を、何もかもを、見通し、わかってしまうからこそ、愛を得ることも、喜びを噛みしめることも、安堵で心潤すことも、出来はしない。その言葉が、その振る舞いが、理解出来ぬと、時に疎んじられ、時に、その存在自体が、まるで、恐怖そのものであるかのように、遠ざけられ、悪意を、畏怖を、好奇を宿す、人々の目に、晒され続けた、女性たちの、悲哀。遣る瀬無い孤独、諦めに渇き、だが、それでも決して、崩れることのない、強さを持つ。だからこそ、哀しい。それは助けさえ要さぬ、強さ、孤独で在り続けるための、強さ。その強さは憐憫さえ跳ね除け、だからこそ、哀しく、美しい。

「もの喰う女」の記録

明快な、いやらしさ、魅力。食べたいと、素直に欲し、美味しそうに、幸せそうに、食す。際限のない、貪欲さで。情欲を、愛しさをそそられ、自らもまた、欲し、食らう。女は衒いもなく、打算もなく、ただ、純粋に、愉悦を求める、魂に、従うよう。湧き上がる衝動に、従うよう。男は食す、その、邪気のなさが煽る、哀感ごと。情事そのものを見るより、淫猥な印象が、濃密な匂いとなり、覆うように、ねっとりと、痕跡を残す。
スポンサーサイト

テーマ : 読書記録
ジャンル : 小説・文学

プロフィール

あげこ

Author:あげこ
あげこ
女、1987年生まれ

読書感想中心。
矢川澄子、幸田文、森茉莉、武田百合子、津島佑子、笙野頼子、河野多恵子、岡本かの子、野上弥生子、皆川博子、津村節子、原田康子、村田喜代子、高樹のぶ子、高橋たか子、倉橋由美子、久生十蘭、室生犀星、武田泰淳、獅子文六…愛しています。

どうぞよろしくお願いします。
当ブログはリンクフリーであります。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メッセージ:

ランキング

FC2Blog Ranking

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。