スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

倉橋由美子『反悲劇』

神や英雄の崇高さを持たぬ、人々の間に、狭く、息苦しさに澱む、閉塞的な世界の中に、宿り、蘇る、神話の数々。かつて、壮大、奔放であったはずの悲劇は、どこか馴染み深く、見慣れた矮小さを備える人間たちの、暗い、胸中において、圧縮され、嫌らしく、まとわりつくような、粘着性を帯びた、淫猥な、匂いを放つ。閉ざされた世界に見合うよう、小さく、陰鬱に縮められて行く悲劇、その小ささ故に、生々しい深刻さを帯び、凄惨な様相の密度はかえって、高く、濃いものへと、変わる。
人間たちの内に広がる陰翳、深く、醜く、蠢く闇の中で、不気味に渦を巻き、触れるものの精神を、飲み込むよう、踏み入るものの身体を、離さぬよう、侵食して行く、罪のイメージ。罪に踊り、罪に踊らされる彼等が、神でも、英雄でもなく、あくまでも、人間であるからこそ、現代という、狭き時、世界を生きる、人間であるからこそ、より背徳的に、より淫らに、禍々しくも、艶美であると、感じられる、悲劇。迷い踏み入れた闇の暗さ、退廃に抱くおぞましさは、同時に、密やかな喜びを伴うもの、強い毒が秘めた甘さを、愉しむ。
スポンサーサイト

テーマ : 読書記録
ジャンル : 小説・文学

プロフィール

あげこ

Author:あげこ
あげこ
女、1987年生まれ

読書感想中心。
矢川澄子、幸田文、森茉莉、武田百合子、津島佑子、笙野頼子、河野多恵子、岡本かの子、野上弥生子、皆川博子、津村節子、原田康子、村田喜代子、高樹のぶ子、高橋たか子、倉橋由美子、久生十蘭、室生犀星、武田泰淳、獅子文六…愛しています。

どうぞよろしくお願いします。
当ブログはリンクフリーであります。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メッセージ:

ランキング

FC2Blog Ranking

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。