スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

倉橋由美子『夢の浮橋』

互いの伴侶を、現の世界において、夫婦として結ばれた、互いの伴侶を、取り替え合い、交歓に耽る、妖しく、密やかな交流。それは、世俗的な臭みや醜悪さのない、どこまでも、典雅であるままの、愛を実現するため、現実を超え、自らと、好ましきものたち、愛するものたちとの理想郷、夢の世界へと渡るため、用いられた試み。夫ではなく、片割れ…愛するものとの間に求めたのは、夫婦という、現実的な繋がりとは別種のもの、現の結び付きを遠く離れた、魂の交流を以ってのみ、実現する交わり。
我が子を流れる血に浮かぶ、不実への呵責、艶美なる交流を、現実へと縛り付ける、子どもたちの存在。主人公と片割れの、その親である、二組の夫婦が築き上げたそれは、現の領域を超えられぬ、現の醜さより逃れられぬ、生々しい苦しみを、伴う類のものであったように思う。だが、子どもたちの至るそれは、現を渡った先の、夢のような、美しさを帯びたもの。特異な試みの代償として、本来抱かれるはずの、葛藤や罪悪感すら、一切の意味を失うほどの、美しさを帯びたもの。
現で結ばれることを拒んだ、愛の艶やかさ。豊艶な愛の世界、片割れを求める魂の、妖しい色香だけが、冷酷に煌めく。


本作においても、主人公と片割れを結ぶもの、両者を境目なく絡ませ合うものは、求める思い、求める世界が互いに合致しているという、共犯者意識なのではないか。凡庸な世界のしきたりに、両者の関係性を馴染ませることなく、共犯者として在り続けることこそが、彼等の愛の実現。結末に満ちた、豊かな微笑みの芳香は、それを叶えたものの、冷酷さを帯びた、喜びの相貌そのものであったように思う。
スポンサーサイト

テーマ : 読書記録
ジャンル : 小説・文学

プロフィール

あげこ

Author:あげこ
あげこ
女、1987年生まれ

読書感想中心。
矢川澄子、幸田文、森茉莉、武田百合子、津島佑子、笙野頼子、河野多恵子、岡本かの子、野上弥生子、皆川博子、津村節子、原田康子、村田喜代子、高樹のぶ子、高橋たか子、倉橋由美子、久生十蘭、室生犀星、武田泰淳、獅子文六…愛しています。

どうぞよろしくお願いします。
当ブログはリンクフリーであります。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メッセージ:

ランキング

FC2Blog Ranking

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。