スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

高橋たか子『過ぎ行く人たち』


知らないはずなのに、心はそれを、確かに知っていると、訴える。自らのものなのか、それとも、自分ではない、別の誰かのものなのか、それすらも、わからない。だがそれは、自らの内、奥底より湧き上がる、記憶。過去と、そして、未来を告げる声に従い、歩む、懐かしき、巡礼の旅。
自らの内に在り、魂に刻まれた、膨大な時が蠢く、世界について。現実を生きて行く上で、気にもせずにいる、或いは、触れずにやり過ごすことを、無意識の内に、選択してしまっている、不思議な感覚について。そこに宿る、恐ろしささえ、包み込み、言葉は流麗に、惑い、違和感に立ち止まりかけた心を、穏やかな幸福へと、導いて行く。
自らの内に広がる闇を、闇より吹き荒ぶ風を、陰影に身を委ねるほかのない、孤独な生を、闇に寄り添うものの魔を、危うく、凄艶な美しさを、残酷に、冷徹に、描き続けて来た作者の、巡り会えた、一つの答え、魂の救済と言うべき、物語であったように思う。
スポンサーサイト

テーマ : 読書記録
ジャンル : 小説・文学

プロフィール

あげこ

Author:あげこ
あげこ
女、1987年生まれ

読書感想中心。
矢川澄子、幸田文、森茉莉、武田百合子、津島佑子、笙野頼子、河野多恵子、岡本かの子、野上弥生子、皆川博子、津村節子、原田康子、村田喜代子、高樹のぶ子、高橋たか子、倉橋由美子、久生十蘭、室生犀星、武田泰淳、獅子文六…愛しています。

どうぞよろしくお願いします。
当ブログはリンクフリーであります。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メッセージ:

ランキング

FC2Blog Ranking

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。