スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

笙野頼子の短編集の記録①

『一、二、三、死、今日を生きよう!成田参拝』
愛猫の死によってわかったこと。突然悟った自らの命日、間近に迫った死、錯綜する思考。死に瀕した瞬間に見えた、敵の姿。掴んだ実体、気付いたその名前。価値ある生還後、信仰はより自らに相応しい形へと、モリモリ強化されて行く。訪れた成田、闘い続けるものたちとの邂逅が引き寄せる幻覚は、現実を打ち砕く破壊力を備えたものではない。示したのはあくまでも控え目な共鳴か、多少の息苦しさ、わだかまりが残る。だが、言葉に脈打つ魂は、なにものにも屈することない、作者の生、そのもの。自由を知り、自由に在る言葉の晴れやかさが快い。

『片付けない作家と西の天狗』
珍しく、穏やかな短編集であったように思う。終結した論争に関しては、荒っぽい皮肉の嵐。だが仇敵については最早、その愚行の数々を記すのみにとどめ、生身のまま放置。自らの作り上げた世界、騒がしく、遊び心満載のその場所には、登場すらさせない。狂気を描いた騒乱、騒乱ではあるものの、タチの悪い外敵のいないそこには、奇妙な長閑さが漂う。闘い終えた自らの姿。闘いべき敵のいない、自らと、愛猫たちの城。『金毘羅』執筆時の狂騒。悪意と怒りをたっぷりと吸い込ませた、郷愁の情景。愛すべきS倉。依然闘志尽きぬままの身、荒れ狂う生の雑多感が楽しい。
スポンサーサイト

テーマ : 読書記録
ジャンル : 小説・文学

プロフィール

あげこ

Author:あげこ
あげこ
女、1987年生まれ

読書感想中心。
矢川澄子、幸田文、森茉莉、武田百合子、津島佑子、笙野頼子、河野多恵子、岡本かの子、野上弥生子、皆川博子、津村節子、原田康子、村田喜代子、高樹のぶ子、高橋たか子、倉橋由美子、久生十蘭、室生犀星、武田泰淳、獅子文六…愛しています。

どうぞよろしくお願いします。
当ブログはリンクフリーであります。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メッセージ:

ランキング

FC2Blog Ranking

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。