スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

高橋たか子『誘惑者』

生を見遣る瞳の冷酷さ。心には闇が、陰惨に鼓動し続ける闇が、尽きることなく、広がっている。自らにさえ、把握し得ぬ心の胎動、内より溢れ、不意に迫り来る闇は、自らにさえ、わかり得ぬ、己自身。未知なる自分に、律し得ぬ自らに、心侵され、覆い尽くされて行く、恐ろしさ。生は、自らのものでありながら、自らには、どうすることも出来ない闇に、闇がもたらす恐怖に、晒され、ただ、怯え続けるだけのものに過ぎないと、彼女は言う。
死に寄り添う瞳の安らかさ。抱き続けている憧憬、生よりも慕わしい、死。闇を恐れ、虚ろに漂うほかのない生よりも、むしろ、死に親しみ、慕わしいと、寄り添う。繰り返し、他者を、自死へと導いた彼女、彼等は死を口にすることで、生きようとしていたものたち、だが、彼女が導く先は、切に思い続けた、真実の死。生に寄り添いながら、死に縋るものたちを、追い詰め、生々しく、甘やかな死へと、惨たらしく、誘って行く。
未知の彼女を暴く、死者の言葉。他のなにものとも、交わることのない痛み、孤独で在り続ける心の、哀しく、残酷な様相。帯びた憂い、秘めた魔の、危うげな美しさ。重く、閉塞に淀む空気を、克明に、生を這い進むものたちの愚かしさを、冷徹に。綿密に描き上げられた、豊穣な精神世界。その苦しみ、惨さに触れる快さ、闇を運び、押し寄せる波は暗く、だが、飲み込まれる瞬間に奔るのは、鈍い痛みを伴う、凄絶な悦び。
スポンサーサイト

テーマ : 読書記録
ジャンル : 小説・文学

プロフィール

あげこ

Author:あげこ
あげこ
女、1987年生まれ

読書感想中心。
矢川澄子、幸田文、森茉莉、武田百合子、津島佑子、笙野頼子、河野多恵子、岡本かの子、野上弥生子、皆川博子、津村節子、原田康子、村田喜代子、高樹のぶ子、高橋たか子、倉橋由美子、久生十蘭、室生犀星、武田泰淳、獅子文六…愛しています。

どうぞよろしくお願いします。
当ブログはリンクフリーであります。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メッセージ:

ランキング

FC2Blog Ranking

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。