スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

煮詰めた生の、愛しき雑多味 村田喜代子の長編小説の記録②

『硫黄谷心中』

かつて心中の名所であった、”地獄”に集う、旅行者たち。現世との繋がりさえ、脆弱なその地に刻まれた、いくつもの、死の記憶。旅行者たちの脳裏に映る、心中の様相、情死へと至るものたちの思いは、いわば愛情の極致として、激情に身を焦がすことのない、孤独な平穏を生きる彼等の胸に、甘やかな歓喜と、羨望を与える。
だがその一方で、死へと向かう、多くのものたちを見送り、また、多くの情死を見届けてきた女性の言葉より、浮かび上がる心中は、惨たらしく、稚拙な浅はかさを孕んだもの。情死したものたちの姿と、自らが味わった、地獄のような忙しさ、そして、彼等の為に作った料理の記憶が、彼女の胸中において、深く結び付いていることの、生々しさ。死と食、ひどく素朴なものでありながら、不穏な艶めかしさを帯びた連想は、情死というものへの、不快感を煽るような、淡い幻想を打ち破るような、凄みとなる。人間のどうしようもなさを見つめるが故に、自らも”地獄”に触れた過去を持つが故に、彼等を見遣る、彼女の思いは、鮮烈な印象を残す。
甘く、密やかな憧憬と、冷たくも、優しい瞳。交錯する視点、それぞれの思い描く、様相の差異が、心中という最期を、哀しく、愚かしい、だが、たまらなく、愛おしいものへと、彩っているように思う。
スポンサーサイト

テーマ : 読書記録
ジャンル : 小説・文学

プロフィール

あげこ

Author:あげこ
あげこ
女、1987年生まれ

読書感想中心。
矢川澄子、幸田文、森茉莉、武田百合子、津島佑子、笙野頼子、河野多恵子、岡本かの子、野上弥生子、皆川博子、津村節子、原田康子、村田喜代子、高樹のぶ子、高橋たか子、倉橋由美子、久生十蘭、室生犀星、武田泰淳、獅子文六…愛しています。

どうぞよろしくお願いします。
当ブログはリンクフリーであります。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メッセージ:

ランキング

FC2Blog Ranking

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。