スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

岡本かの子 短編の記録②

『金魚撩乱』
その身より零れ、香り立つような、凄艶な美しさを宿しながら、瞳は淡く、薄く膜を帯び、虚ろな光が滲む。現実を歩む者の、翳り、醜悪さ、くさみの混じらぬ、幽玄の美。だが、自らを取り巻くすべて、現のすべてに対する、無関心にも似た鷹揚さ、何も映さぬような瞳で、無限を食べ、ただすいすいと泳ぐ、たくましさを漂わせた、悠久の命そのものであるような、その姿をこそ、男は愛し、耽り、殉じた。屈折し、決して果たされることのない愛情と結び付いた妄執の、凄まじい様相。女はただ、悠々と、咲き誇る。生というものの不思議輝く結末の、鮮やかさ。寂寞を照らす慈しみ、優艶な余韻の静けさに、佇む。

『花は勁し』
主人公がふと、チーズのような、濃厚なものを口にしたいと欲する瞬間の描写が、妙に印象的。しつこく、豊かな味わいを持つものを食し、蓄え、自らの身体、精神を豊艶に輝かせるための、力とする。豊満な肉体に満ち溢れる生命力の激しさ。愛するものの魂さえ、圧倒してしまうほどの、激しさ。それ故に生み落とされた、哀しみ、翳り…だが、彼女の煌めきは色褪せず、陰影すら自ら熟し、却って鮮やかさを増した。摂取するものはすべて、美しさに。豊穣な色合いと芳香、堂々と咲く花の強さを、存分に愉しむ。
スポンサーサイト

テーマ : 読んだ本の感想等
ジャンル : 小説・文学

プロフィール

あげこ

Author:あげこ
あげこ
女、1987年生まれ

読書感想中心。
矢川澄子、幸田文、森茉莉、武田百合子、津島佑子、笙野頼子、河野多恵子、岡本かの子、野上弥生子、皆川博子、津村節子、原田康子、村田喜代子、高樹のぶ子、高橋たか子、倉橋由美子、久生十蘭、室生犀星、武田泰淳、獅子文六…愛しています。

どうぞよろしくお願いします。
当ブログはリンクフリーであります。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メッセージ:

ランキング

FC2Blog Ranking

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。