スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

津島佑子『燃える風』

人とは違う境遇を生きる少女に向けられた、差別の目。陰湿な悪意、無関心を装う、好奇の視線。自分たちとは違う、特殊な存在であるからと、ただ誰かを見下したいだけの、醜い本心を隠した、嫌がらせ。味方を持たぬ彼女は、たった一人、自らに降りかかるすべて、自らを忌み、蔑む、すべてのものに、立ち向かう。
自身が背負う、怒りと哀しみを思い知らせるために挑んだ、あまりにも痛ましく、孤独な戦い。相手の醜さ、幼い甘えに満ちた、愚かな本性を暴く言葉。初めて実行した対決の最中、彼女を不意に魅了したのは、相手を死に追いやるという、恐ろしくも快さを伴う想像。殺意にも似た暴力的な衝動は、満たされぬ心の渇きと、彼女が無意識に持つ、死への憧憬によるものか。
求めているものは、哀しいほどに素朴で、ささやかな、肯定であるはずなのに。彼女には、自らが求めれば、求めた分だけ、切実な愛情を注いでくれる存在も、弱さを曝け出し、甘えるべき相手も、いない。言葉で象り難い、自らの激情をぶつけるほか、甘える術さえ、持たない。心はヒリヒリと、渇き、飢え続けるまま。くすぶらせ続けた感情の発露。彼女はその、激情という熱に触れた相手が、自らを素通りすることを、決して許しはしない。懸命に、自らを、自らの苦しみを、自らの孤独を、目を逸らすことなく、見ろと、叫び、足掻く。吐き出した言葉の一つ一つが、灼けるような痛みを、胸に刻み込む。
スポンサーサイト

テーマ : 読んだ本の感想等
ジャンル : 小説・文学

プロフィール

あげこ

Author:あげこ
あげこ
女、1987年生まれ

読書感想中心。
矢川澄子、幸田文、森茉莉、武田百合子、津島佑子、笙野頼子、河野多恵子、岡本かの子、野上弥生子、皆川博子、津村節子、原田康子、村田喜代子、高樹のぶ子、高橋たか子、倉橋由美子、久生十蘭、室生犀星、武田泰淳、獅子文六…愛しています。

どうぞよろしくお願いします。
当ブログはリンクフリーであります。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メッセージ:

ランキング

FC2Blog Ranking

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。