スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

我が愛しき作文のひと、幸田文

随筆の記録。

下手に飾り立てず、スッキリと。だが、言い表し難い、齟齬は見過ごさず、誠実に。身の端正さをそのまま思わせるような言葉には、歯がゆい滞りというものがなく、いつだって小気味よい。身の回りのこと、何気ない日々のこと。自らの生活を、親しみ深さ、身近さまで鮮やかに、切り取り、記す、快さ。平穏な暮らしの中にある自らを見つめ直す視線は、厳しく、真っ直ぐ、身に覚えのある愚かしささえ、素直に認めることが出来るからこそ、幸田文の随筆は、清々しい。
綺麗も汚いも、いいも悪いも。その先にある、美しいもの、強いものの存在も。時と共に薄れ行く激しさも、徐々に柔らかく形を変えて行く感情も。そのすべてを受け止める。移り変わるものを、否定しない。時代と共に変わり行くものたち、人々の、生活の変化を、肯定的に、温かく認める。しかし、例えば、新しい常識、新しい生活のお供たちの台頭に際し、当の本人はと言うと、大抵の場合、自らの身はその流れ、変化の外に置いてあり、しっかりと引いた線の向こう側で、涼やかに微笑んでいたりもする。時折ふと、したたかさを感じるも、それは、自らの大切なもの、踏み止まるべき場所を、熟知しているが故に持つ、一面のようにも思え、むしろ好ましい。
身近な物事に楽しみを見出す姿勢。物事を知ると言う楽しみ。物事を知ることで覚える恐れや、そこから生まれる慎重さ。恐々と、だがそれでもなお、よさも、悪さも知ろうとする、その強さに、惹かれてやまない。言葉より浮かび上がるのはあの、綺麗で、さっぱりとしていて、パワフルで、逞しくて、そして、しなやかで、慎ましやかな、佇まい。自らの緩みを明かす時の、お茶目な物言いの、愛らしさ。飾らぬ素地の魅力は強く、いつまでも、色褪せない。
読むたび、読み返すたび、惚れ直してしまう。
スポンサーサイト

テーマ : 読んだ本の感想等
ジャンル : 小説・文学

プロフィール

あげこ

Author:あげこ
あげこ
女、1987年生まれ

読書感想中心。
矢川澄子、幸田文、森茉莉、武田百合子、津島佑子、笙野頼子、河野多恵子、岡本かの子、野上弥生子、皆川博子、津村節子、原田康子、村田喜代子、高樹のぶ子、高橋たか子、倉橋由美子、久生十蘭、室生犀星、武田泰淳、獅子文六…愛しています。

どうぞよろしくお願いします。
当ブログはリンクフリーであります。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メッセージ:

ランキング

FC2Blog Ranking

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。