スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

高樹のぶ子『光抱く友よ』

全身にまとう、自らの生というものに対する倦怠感。悲しいほどに、痛ましいほどに、素朴さをとどめたままの素顔。温かなものとは違う、荒んだ環境を生きる少女の姿には、日々の平穏に慣れ切った心を、主人公の未成熟な心を、芯から揺さぶるような、力強い、だが脆さを含んだ、ひどく危うげな魅力がある。
自らにはその形さえ掴めぬような、痛みの重さ、複雑さを知る、早熟な友との交流によって、徐々に甘えを帯びた幼さは薄れ、主人公の心は繊細に、静かに、作り変えられて行く。成長はときに、言いようのない寂しさをもたらすもの。未知の感情が残す翳り。避けられない別離に広がる、切なくも澄み切った哀感。言葉は遠き日々の、どこか懐かしい苦味を呼び覚まし、胸中を淡い哀しみで、満たして行く。

顧みることのない時間の中で、自分自身もまた、平然と見過ごしてきた、多くの卑劣さを伴う感情。『光抱く友よ』は、痛みと共に身を潜めたそれらとの、予期せぬ再会を果たすことが出来る作品であるように思う。近しいものたちと触れ合うことで、主人公の心中に生じるそれら。思いを克明に象る言葉たちによってすくい上げられたそれらとの、不意の邂逅に、浮かび上がる思いの後ろ暗さに、心は波立つ。混ざり合う後悔と懐古の念、胸の奥底にまで沈んで行く苦味。だが、少女たちの尊き一瞬を描き出す、怜悧で、それでいてひたむきな言葉には、若さに寄り添うすべて、もどかしさも、遣る瀬無い不安も、そのすべてを認め、見守る、かつて自らも少女であったものの、控え目な、慈しみが込められている。葛藤や苦しみさえ、瑞々しく、健気に光る。その清らかさ、静謐に漂うその寂寥感、高樹のぶ子作品の中で、最も愛おしく、最も好ましい輝き。
スポンサーサイト

テーマ : 読んだ本の感想等
ジャンル : 小説・文学

プロフィール

あげこ

Author:あげこ
あげこ
女、1987年生まれ

読書感想中心。
矢川澄子、幸田文、森茉莉、武田百合子、津島佑子、笙野頼子、河野多恵子、岡本かの子、野上弥生子、皆川博子、津村節子、原田康子、村田喜代子、高樹のぶ子、高橋たか子、倉橋由美子、久生十蘭、室生犀星、武田泰淳、獅子文六…愛しています。

どうぞよろしくお願いします。
当ブログはリンクフリーであります。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メッセージ:

ランキング

FC2Blog Ranking

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。