スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

武田泰淳『貴族の階段』

血生臭い事件の予感に、お嬢さんは立ち向かう。聡く、小生意気なお嬢さん。心は貪欲に様々を摂取し、言葉と頭はぐるぐると痛快に回転。皮肉は鋭く、小憎たらしいほどに心地よく、軽やか。そして強い。お嬢さん、強し。多くを煮詰めた胸の内でさえ、素朴に生じたまま、未だ純度を損なわぬ(むしろ多くを煮詰めた後であるからこそ、より純度を増した)思いを、その原動力とするが故に。自らを戦いへと駆り立てるそれらを、見失わぬ故に。たちこめる熱気の中、臆することなく、無力に立ち竦むことなく、切実で、泥臭い熱情なぞ、歯牙にもかけることなく、ただ思いにのみ、懸命。齟齬を抱えたまま進もうとするものの(自らにはない)純粋さをこそ、お嬢さんは愛した。切実に、冷静に、辛辣に。思い自体は素朴なものであっても、お嬢さんは決して湿っぽくも、感傷的にもならない。衝撃に煽られて走る、自棄的な行動にさえ、淡白な感想付き。率直な後ろ暗さや悲しみも当然、冷淡さと併せ持つ辺りがまた魅力的。自分たちの心、志を理解出来るはずがないと、相手を見下し、礼儀正しく、お行儀よく、時に優しさを纏わせて黙殺することで、自らの矛盾やら醜さやら、矮小さやらまで、都合よく隠そうとする連中の思惑など、お嬢さんの強さの前ではもう、すっかり色褪せて見えてしまう。

階段より転げ落ちても無傷、お嬢さんの強さは、これはこれで、底知れぬ類のものであるように思う。
スポンサーサイト

テーマ : 読書記録
ジャンル : 小説・文学

プロフィール

あげこ

Author:あげこ
あげこ
女、1987年生まれ

読書感想中心。
矢川澄子、幸田文、森茉莉、武田百合子、津島佑子、笙野頼子、河野多恵子、岡本かの子、野上弥生子、皆川博子、津村節子、原田康子、村田喜代子、高樹のぶ子、高橋たか子、倉橋由美子、久生十蘭、室生犀星、武田泰淳、獅子文六…愛しています。

どうぞよろしくお願いします。
当ブログはリンクフリーであります。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メッセージ:

ランキング

FC2Blog Ranking

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。