スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アンナ・カヴァン『氷』

凄絶な美しさと、圧倒的な冷酷さを以って、世界を無慈悲に飲み込んで行く、氷。迷い込む不穏なビジョン、多くの歪みを鳴り響かせるよう、現であるはずのものと、境目なく混在。夢のような不確かさ、幻に彷徨う曖昧さの中で、世界は確かに、終焉へと向かって行く。
心を奪われ、犠牲者として在り続けることを定められたものの、悲痛な叫び。その脆さこそが、自らを捕え、自らの残酷な欲望を誘発するのだと、身勝手に酔い痴れ、葛藤するものの心に映るが故に、瀕死の世界はひどく、甘美に、蠱惑的に映る。絶望さえ、逃げ場のなささえ、抗えぬ無力ささえ、世界の凄艶さを高めるような。弱々しい叫びだけが、夢に覆われた現の虚しさを、抉り出すような。
殺戮、略奪、広がり行く退廃の凄惨な醜悪さ。世界を染める滅びの美しさ、厳しさをより一層知らしめる、人々を染める自棄の、惨たしい色彩。いびつに膨らむ焦燥。だが、冷気に閉ざされた世界の中、迸る言葉が歪みを溶かし、終わりだけが粛然と迫り来るそこに満ちるのは、重厚な愉悦。すべてを得、すべてに満ち、なにものにも代え難い、安堵に似た。
凍りつくほどに恐ろしく、美しい終焉、魅せられ、自らもまた世界とともに、覆い尽くされて行く。



……何だか物凄いものを読んだと言う印象。
スポンサーサイト

テーマ : 読書記録
ジャンル : 小説・文学

プロフィール

あげこ

Author:あげこ
あげこ
女、1987年生まれ

読書感想中心。
矢川澄子、幸田文、森茉莉、武田百合子、津島佑子、笙野頼子、河野多恵子、岡本かの子、野上弥生子、皆川博子、津村節子、原田康子、村田喜代子、高樹のぶ子、高橋たか子、倉橋由美子、久生十蘭、室生犀星、武田泰淳、獅子文六…愛しています。

どうぞよろしくお願いします。
当ブログはリンクフリーであります。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メッセージ:

ランキング

FC2Blog Ranking

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。