スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

多和田葉子『雪の練習生』

記憶を、世界を、記し、言葉にすると言う、当然で、難解な試みを以って語り続けられる、ホッキョクグマ三代の物語。何かを言葉にすることによって出来る、言葉になったそれ、言葉にされたそれと、言葉になる前の、言葉にされる前の、元々のそれとの、距離。距離は言葉に対する不安と疑念を生み、在るものと、無いものの境目さえ、柔らかで、曖昧なものに、変えて行く。彼等の物語に感じる、不可思議で、危うげな魅力。それは、言葉にすることを不安に思いながらも、言葉に頼るほかのない物語の、脆さ、息苦しさより、生まれ、滲み出るもの。世界が広がっていく感覚を、言葉で味わう喜び…不確かさに触れる、淡く、確かな陶酔。浮遊感を纏う、夢のような世界の中に感じる現実との繋がりは、心をチクリと刺す、棘。さらさらと溶ける雪の儚さ、透き通る氷の美しさを思わせる言葉の数々がまた、心地良い。
スポンサーサイト

テーマ : 読書記録
ジャンル : 小説・文学

プロフィール

あげこ

Author:あげこ
あげこ
女、1987年生まれ

読書感想中心。
矢川澄子、幸田文、森茉莉、武田百合子、津島佑子、笙野頼子、河野多恵子、岡本かの子、野上弥生子、皆川博子、津村節子、原田康子、村田喜代子、高樹のぶ子、高橋たか子、倉橋由美子、久生十蘭、室生犀星、武田泰淳、獅子文六…愛しています。

どうぞよろしくお願いします。
当ブログはリンクフリーであります。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メッセージ:

ランキング

FC2Blog Ranking

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。